日枝神社 お問い合わせ アクセスマップ

個人の方 法人の方 新年初祈願/予約 出張エリア 喫茶室

日枝神社のご祈願

日枝神社のご祈願 山 王 祭

 スマートフォンサイトはこちら

厄除・方除

厄除け方除け

厄除け方除け

厄除

日枝神社の神使である猿は「神猿(まさる)」と呼ばれ、古くから魔が去るとして魔除・厄除の信仰を集めてきました。
厄年とは、人の一生において特に災厄に遭いやすいとされる年齢のことです。この時期は社会的にも肉体的にも転換期にあたり、前厄、本厄、後厄の三年間は日々の行動を忌み慎むべきであると言われています。もとは中国の陰陽五行説に基づく思想といわれていますが、日本では平安時代には既に厄祓いの考え方がありました。『源氏物語』には、光源氏が37歳になる紫の上に「さるべき御祈りなど、常よりもとりわきて、つつしみ給へ。」(厄祓いのご祈祷など、厄年でない年より格別にして、慎みなさいよ)と呼びかける場面があります。平安時代に公家で行われていた厄祓いの慣習が江戸時代に庶民に広がり、現在のように厄祓いのため神社に詣でるようになりました。男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳が厄年とされ(いずれも数え年)、中でも男性の42歳、女性の33歳は大厄と考えられてきました。
昔日本では、ある一定の年齢になると寺社において「役」を務め、身を清め行いを慎み立派に役を務めることによって一人前と認められるという風習がありました。役が次第に厄に変化し、役を務める年齢が厄年の年齢の根拠になったとの考え方もあります。芸能の世界では厄年は特に大きな役につきやすいとされ、有名な俳優の厄年の作品が後に代表作になったという例が多くあります。厄年のはじめに厄祓いを受けるのが良いとされるのは、厄を転じて役となすとの考え方によっています。
日枝の大神様のご加護のもと、厄を払い落とし、厄年をつつがなく、平穏に過ごせるように祈るのが「厄除(厄難消除祈願祭)」です。

厄除け厄除け

厄除け厄除け

令和元年厄年早見表(数え年)




前厄 本厄 後厄
平成8年生
24歳
ね(ねずみ)
平成7年生
25歳
ゐ(いのしし)
平成6年生
26歳
いぬ
昭和54年生
41歳
ひつじ
昭和53年生
42歳
うま
昭和52年生
43歳
み(へび)
昭和35年生
60歳
ね(ねずみ)
昭34年生
61歳
ゐ(いのしし)
昭和33年生
62歳
いぬ



前厄 本厄 後厄
平成14年生
18歳
うま
平成13年生
19歳
み(へび)
平成12年生
20歳
たつ
昭和63年生
32歳
たつ
昭和62年生
33歳
う(うさぎ)
昭和61年生
34歳
とら
昭和59年生
36歳
ね(ねずみ)
昭和58年生
37歳
ゐ(いのしし)
昭和57年生
38歳
いぬ

※数え年とは 満年齢に誕生日前は二歳、誕生日後は一歳を加えた年です。

方除け

日枝神社は萬治2年(1659)四代将軍家綱が元山王の地から江戸城の南西の方角、すなわち裏鬼門に移し、鬼門封じのお社として以来現在に至るまで、方除けのお社として「八方除け・方除け・旅行安全」の信仰をあつめています。

星回りが凶相の方、お引っ越し又旅行など凶方に行かれる方は、方除けの祈願をお勧めします。

方除け

方除け

令和元年の八方塞がりの方は

八白土星
昭和4年 昭和13年 昭和22年 昭和31年 昭和40年
昭和49年 昭和58年 平成4年 平成13年 平成22年

令和元年の凶相の方は

四緑木星
昭和8年 昭和17年 昭和26年 昭和35年 昭和44年
昭和53年 昭和62年 平成8年 平成17年 平成26年
二黒土星
昭和10年 昭和19年 昭和28年 昭和37年 昭和46年
昭和55年 昭和64年(平成元年) 平成10年 平成19年
五黄土星
昭和7年 昭和16年 昭和25年 昭和34年 昭和43年
昭和52年 昭和61年 平成7年 平成16年 平成25年

生まれの方々です。

受付時間 午前9時~午後4時半(常時)
受付場所 山王夢御殿内受付(平日は中庭授与所にて承ります)
ご祈願料 1万円から申受けます

※予約の必要はございません

お申し込み・お問い合わせは日枝神社社務所まで

ページTOPへ戻る