日枝神社 お問い合わせ アクセスマップ

個人の方 法人の方 新年初祈願/予約 出張エリア 喫茶室

日枝神社のご祈願

日枝神社のご祈願 山 王 祭

 スマートフォンサイトはこちら

安産のご祈願は日枝神社へ

安産祈願

安産祈願戌の日腹帯

授与品出産からよくある質問

生まれたら

産湯(うぶゆ)

後産が終わったあと、小さな桶にお湯をはり、生まれた赤ちゃんを沐浴(もくよく)させることをいいます 産湯には、出産のケガレを祓い清め、この世の人間の仲間入りをさせるという儀礼です。 産湯には地方によって、塩や酒を入れると子供が風邪をひかないという言い伝えもありさまさざな習慣がみられます。 古くは、産土様の水を汲み、その湯でお清めすることで産子(氏子)となるといわれていました。

お七夜の祝い

生後七日目に行うお祝いで、この日に名付けの祝い(命名)を行い、奉書紙に「命名〇〇」と筆書きし、生年月日と命名者の署名をし、名前を書いた紙を神棚や床の間、または部屋の中央のよく見える場所に貼り、家族の一員としてお守り戴くように神様にお祈りします。 古くから、名前は人の生存に必要なものと考えられ、名付けによって改めて体に霊魂が宿り、人格も備わると考えられていました。

宮参り(みやまいり)

生まれて初めて氏神様にお参りすることを「お宮参り」「初宮参り」といいます。古くは、お産の忌み明けの儀式といわれ、子どもが氏子入りする儀式ともされました。当日は晴着を着てお母さん、お婆さんに抱かれてお参りをします。地方によって時期が異なりますが、一般的に男児は生後三十二日目、女児は生後三十三日目に参詣する習わしです。日にちについては、お子様の健康を考え、ご家族のご都合にあわせてお参りください。
お宮参りのページはこちら

宮参り(みやまいり)

お食い初め

生後百日前後に行うお祝いで、「百日(ももか)の祝い」「箸初め」ともいわれます。子供用の箸や茶碗、お膳を贈り、そこに赤飯と尾頭付きの魚などをそえ、「箸で食事をする一人前の人」として扱うための儀式です。「お食い初め」には「この子が一生食うに困らないように」「子どもが丈夫に育つように」「授かりが多いように」との願いが込められています。また、お膳に小石をそえるのは、歯が丈夫になるようにとの考えからで、別名「歯固め」ともいいます。

節句・初節句(はつぜっく)

初節句とは、生まれて初めて迎える節句(節供とも書く)のことです。そもそも節句とは、季節ごとのお祝いで、縁起の良い陽数(奇数)の重なる日をいいます。一月七日、三月三日、五月五日、七月七日、九月九日の五節句が特に重視されていますが、男の子は五月五日の「端午の節句」、女の子は三月三日の「ひな祭り(桃の節句)、上巳の節句」が初節句にあたります。いずれも、子どもに対して里方から人形や幟などを贈り、子どもの家からは菱餅(ひしもち)や粽(ちまき)などを贈るならわしがあります。

節句・初節句(はつぜっく)

初誕生(はつたんじょう)

生後満一年目の誕生日をいいます。古くは、今のように個人が毎年の誕生日を祝う風習は無かったのですが、この初誕生だけは祝われてきました。この日は父方、母方の祖父母・親戚、仲人などを招いてお赤飯を炊き、お祝いの膳を囲んで無事成長を祈ります。地方によっては餅を子どもに背負わせたり、歩かせたりします。 それは、子どもが立ち歩き始めるに際して、邪気を祓い、新しい清らかな魂を戴くためと考えられています。

初誕生(はつたんじょう)

七五三

七五三の祝いを、古くは「髪置き」「袴着」「帯解き(紐解き)」の祝いと言っていました。 髪置きは三歳の男女児の祝いで、もう赤ん坊ではないという意味から、今までそっていた髪をこの日から伸ばし始める儀式です。袴着は五歳の男児の祝いで、初めて袴を着ける儀式、帯解き(紐解き)は七歳の女児の祝いで、着物の付け紐を取り去り、帯に替える儀式です。 現在では、その年齢に当たる子どもに晴れ着を着せて、11月15日に神社に参詣し、子どもたちの成長と健康を感謝すると共に、今後の成長とさらなる健康を祈願する儀礼となりました。なお、本来は数え年で祝いますが、最近では満年齢で祝う傾向があり、また参拝の日取りも11月15日に拘らず、その前後の都合の良い日に参拝する傾向が強くなってきました。
七五三のページはこちら

七五三

受付時間 午前9時~午後4時半(常時)
受付場所 山王夢御殿内受付(平日は中庭授与所にて承ります)
ご祈願料 1万円から申受けます

※予約の必要はございません

赤坂側参道(山王橋)には登り専用エスカレーターがあります
山の上にはお車で登ることができます。

※お気軽にご相談下さい。電話03-3581-2471

ページTOPへ戻る