日枝神社 お問い合わせ アクセスマップ

個人の方 法人の方 新年初祈願/予約 出張エリア 喫茶室

日枝神社のご祈願

日枝神社のご祈願 山 王 祭

 スマートフォンサイトはこちら

安産のご祈願は日枝神社へ

安産祈願

安産祈願戌の日腹帯

授与品出産からよくある質問

安産祈願についてのよくある質問

安産のご祈祷を受けたいのですが、受付時間を教えてください。
ご祈祷は毎日午前9時から、午後4時30分まで随時受付ております。休み時間はありません。
安産のご祈祷は戌の日に受けた方がいいのですか?
体調を第一に考え妊娠五ヶ月目頃のご都合のよろしい日にお参り下さい。戌の日にはご自宅で「腹帯」を巻く「帯祝い」をされるとよろしいと思います。
戌の日に巻く「腹帯」が欲しいのですが、ありますか?
はい、安産の御祈願される際に腹帯を希望される方はその旨をおっしゃってください。初穂料(5000円)にて御祈願の際に、お祓いの上お渡しいたします。
戴いたお札はどうすれば良いのですか?
お札は神様に安産をお祈りした際に戴く大事なものです。無事出産されるまで、大切におまつりしましょう。神棚のある場所におまつりするか、またはお札立てをお頒ちしています(初穂料500円)ので、ご利用ください。
お礼参りとは何ですか?
神様のご加護に感謝するとともに、その旨を御報告するのが「お礼参り」です。安産祈願の際にお受けになった、「お守り」や「お札」、「腹帯」を神社にお返しし、お礼を奉納します。 今後も、ご加護を受けられるよう感謝のお参りをしましょう。
初宮詣は生後いつするのですか?
初宮詣は神様のご加護によって無事出産したことへの感謝と今後のご加護を祈る大事な儀式です。 地方によって異なりますが、一般的に、男児生後三十二日目、女児は三十三日目といわれています。母子ともに体調が良好で、ご家族のご都合が良い日にお越しください。
お食い初めは生後何日目にするのですか?
お食い初めは一生食べ物に不自由しないようにとの願いを込めて、生まれた子どもに初めて食べ物を与える(真似をする)儀式です。 地方によりますが、生後百日目または、百二十日目に行います。この頃になると、子どもに歯が生え始めることから、その成長を祝う意味もあります。
受付時間 午前9時~午後4時半(常時)
受付場所 山王夢御殿内受付(平日は中庭授与所にて承ります)
ご祈願料 1万円から申受けます

※予約の必要はございません

赤坂側参道(山王橋)には登り専用エスカレーターがあります
山の上にはお車で登ることができます。

※お気軽にご相談下さい。電話03-3581-2471

ページTOPへ戻る